メディフレグランスの活用例

example_top
お部屋でメディフレグランス

お客様を清潔な良い香りでお迎えしましょう

そろそろ本物の香りでお部屋を飾ってみませんか?

化学合成された市販の芳香剤の香りに飽きたら、今度は本物の香りでお部屋を飾ってみましょう。本物の香りとは植物から抽出された100%ナチュラルな「エッセンシャルオイル」の香りのこと。

エッセンシャルオイルはアロマテラピーで使われるオイルですが、少し専門的で敷居が高いように感じている方もおられることでしょう。
しかしそんなに難しく考えることはありません。メディフレグランスならキャンドル式や電気式のアロマポットやディフューザー(芳香拡散器)さえ用意すれば気軽に香りを楽しみながら空気のお掃除ができます。

お部屋の中でも、居間や寝室ではメディフレグランスとディフューザーとの組み合わせが特にお勧めです。良い香りがお部屋全体に広がるのと同時に優れた抗菌効果を持つエッセンシャルオイルの成分がお部屋全体に拡散されますので、気密性の高いマンションなどでは特に効果的に空気の抗菌・お掃除ができます。風邪が流行する時期や花粉症の時期には特にお勧めです。

お友達をお部屋に迎える前に、お部屋のお掃除したり飾ったりする方は多いと思いますが、目には見えない「香り」のオシャレもお忘れなく。
example_private


お店でメディフレグランス

お客様を清潔な良い香りでお迎えしましょう

視覚や聴覚と並んで嗅覚はお客様に大きな印象を与えるものです。たとえば世界的規模の大手ホテルチェーンでは系列の全てのホテルのロビーで同じ香りを演出する事により、このホテルチェーンを定宿とするお客様を「いつもの香り」でお迎えし、見知らぬ街を歩く緊張感をほぐすために活用しています。

このように香りはお店に対してお客様が感じられる「第一印象」の構成に大きな影響を与えます。もちろん、この時の印象がお客様のお買い物に対しても影響を与えることは想像に難くありません。

一方でお店の中は複数の不特定のお客様が空間を共有するスペースになりますから、衛生面での取り組みにも気をつけたいですね。

これを一度に両立するのがメディフレグランス。優れた抗菌効果でお店の空気のお掃除をしながら、同時に香りを演出する事ができるのです。風邪の流行する時期や花粉症の時期などにそれぞれの季節に適したメディフレグランスオイルを活用すれば、きっとお客様にも喜ばれますし、そこに働くお店のスタッフにも大きなメリットをもたらしてくれることでしょう。

「あの、良い香りのお店にもう一度行きたいね」とお客様に言っていただけるような、そんなお店作りにメディフレグランスを活用してみませんか?


オフィスでメディフレグランス

オフィスを訪れるクライアントにも、そして働く人々にも

あなたのオフィスでは大切なクライアントをどのような香りでお迎えしていますか?
毎日働いているとつい見過ごしてしまうオフィス内の香り。しかしあなた自身が他社のオフィスを訪問する際には確かにそこに香りを感じているはずです。そしてその香りがそのオフィスの印象へとなっていることでしょう。

オフィスでは数十分、長いときには数時間も打ち合わせが続くケースもあるでしょう。こんな時、リラックス効果のあるラベンダーの香りでクライアントをお迎えできれば、たとえハードな交渉もスムーズに進められるかもしれません。

月末や月初に書類作成などの仕事が集中するオフィスもあることでしょう。こんな時には集中力を高めることができるペパーミントの香りがきっと役に立つ事でしょう。

もちろんオフィスでは同僚やクライアントと長時間、空間を共有するのですから、香りだけでなく空気のお掃除・抗菌も意識する事が大切です。優れた抗菌効果のあるメディフレグランスのエッセンシャルオイルならオフィス内での風邪予防も同時に期待できます。

香りを演出しながら、同時にオフィス内の抗菌ができるメディフレグランスのエッセンシャルオイルは、あなたのオフィス空間を彩る必須のアイテムになることでしょう。