オーストラリアンヒノキオイルの詳細情報

【香りの強さ】  ★★☆☆☆ (2/5)

【オーストラリアン ヒノキとは?】
「オーストラリア ヒノキ」はシロアリがつきにくい樹木として知られています。そのため、オーストラリアでは建材や家具として広く一般的に使用されており、日本においても屋外で使用されるガーデン家具やウッドデッキの材料として近年、多用されるようになりました。

この樹木を枝葉を除去してた後にウッドチップにし、これを水蒸気蒸留する事により抽出されるのがオーストラリアンヒノキオイルです。
植林された樹木より抽出されたオイルですが、もとよりオーストラリアに自生する樹木であり、その生育には農薬等が不要なため、オーガニック認証は受けていませんが実質的にこれと同等のセミオーガニックオイルです。

【精油の特徴と香り】
Tea Tree Farmsのオーストラリアンヒノキオイルは枝葉部分を含まずに水蒸気蒸留されているため、枝葉部に含まれる針葉樹独特のスパイシーな香りの源泉となる成分の含有が少なく、その香りはヒノキを用いて作られた升や湯船などの香りに近い穏やかなものに仕上がりました。この香りの違いは同様に枝葉を含む部分より抽出された日本ヒノキのオイルと比較してもはっきりと感じられます。

ウッド系の香りはアロマテラピーのブレンドにおいてベースノートとして多用されますが、オーストラリアンヒノキの香りもこれと同様に穏やかな香りのため、このようなブレンドにおける香りのベースとして活用できるオイルです。

【精油の保管】
オイルは比較的酸化が進みやすいため、開封後の長期保管はお勧めできません。また粘性が高い分、使用後にキャップ内部にオイルが滞留して酸化しやすいため、できれば使用後はこまめにドロッパー、およびキャップ内部を拭き取って、必ずボトルを立てた状態で保存すると良いでしょう。

ティーツリーファームズの豆知識